nasne(ナスネ)に録画した番組をPC TV PlusでBD/DVD に保存する

2018年8月10日

nasneにたくさん録画した番組、BDやDVDに保存したくなりますね。

nasne本体にはディスクドライブが付いてないので、BD/DVD に番組を保存するにはパソコンと有料アプリの”PC TV Plus”を使います。

PC TV Plus はパソコンでTVと録画番組の視聴もでき、nasneのTV機能をほぼ全て使えるのでとても便利です。

nasne(ナスネ)に録画した番組をBD/DVDに保存するために必要なもの

nasne(ナスネ)に録画した番組をBD/DVDに保存するには、

  1. 書き出し用アプリ:PC TV Plus が簡単
  2. Windowsパソコン
  3. ブルーレイやDVDのディスクドライブ

の3つが必要です。

PC TV Plus は Sonyストア限定で発売されている、テレビ視聴・録画・書き出し用のアプリケーションソフトです。PC1台用のライセンスは3,000円(税別)。

動作するOSは、Windows 7/8/8.1/10 の 32bit/64bit 日本語版 で、mac OSでは使えません。

アプリをインストールすると体験版を14日間無料で使えるので、購入を検討する時はこれをうまく活用しましょう。

実際にSonyストアで購入するのは「ライセンスキー」で、購入すると登録したメールアドレスに「ライセンスキー」が送られてきます。この「ライセンスキー」をパソコンにインストールしたPC TV Plus(体験版の状態)に入力すると製品版になります。

体験版で不具合があったら製品版でも同じ不具合がでるので注意してください。

アプリの動作環境や動作確認済み機器は、アプリのホームページに記載されています。

PC TV Plus の詳細はこちら

私は、

  • パソコン:mac mini(late 2012) に BOOTCAMP で Win8.1(64bit) をインストール
  • BDドライブ:USB3.0のHUBを介してBRXL-PT6U3-BKC(BUFFALO)を接続

という環境で使っています。

PV TV Plusを使っているパソコン

PC TV PlusでBDへ保存する(書き出し)

PC TV Plusを使って、nasneに録画した番組をBD-Rに保存してみます。

PC TV Plusの設定

PC TV Plusを起動したら、画面右上の?マーク右側にあるアイコンをクリックして、nasneの登録とアプリの設定を行います。

(下の写真はnasne登録後の状態です)

PC TV Plusの設定

新しい機器の追加:nasneの登録をします。自動的にホームネットワーク上の機器が検索されるので、nasneを選びます。

アプリの設定:「番組の保存場所」を設定します。BD/DVDに書きだすときに一度パソコンにファイルを保存するので、ここの空き容量がディスク容量より小さいと書き出し中にエラーが発生します。空き容量に注意して設定しましょう。外付けHDDでも大丈夫です。

BD/DVDに保存する番組を選ぶ

ディスクをドライブに入れて認識させておきます。

画面左上の「VIDEO」をクリックすると、登録したnasneの番組が一覧で表示されるので、保存したい番組名の左側にある四角をクリックして選びます。この時ディスク容量を少し超える位選んでおくと、後で番組数を調整するのが楽になります。

選び終わったら右下の「書き出し」ボタンをクリックします。

書きだす番組を選ぶ

書きだす番組のリストが表示されたら、再生したい順番に番組を並べ替えます(ディスクに保存される番組は上から順に再生されます)。

「必要な容量」下のバーが赤いときはディスク容量を超える番組が選択されているので、外す番組を選択して「リストから削除」をクリックして調整します。

※BD-Rの容量って25GBありますが、実際に保存できる番組の容量はこれより小さくなります。

書き出す番組のリスト

その他、画質などお好みの設定を終えたら、「開始」をクリックします。注意事項が表示されるので「はい」をクリックすると書き出しが開始されます。

書き出しを開始

PC TV Plus を使うメリットとデメリット

普通のBDレコーダーと比べて、我が家で感じているメリットとデメリットは以下です。

メリット

パソコンでテレビを見ることができる

家族にテレビを占領されていると、スマホのtorne mobileで見るしかなかったのですが、パソコンの大きなモニタで見れるようになります。ちょっと画面は荒い感じですが。

ディスクドライブが壊れても交換が簡単

普通のBDレコーダーだとドライブが壊れたら修理代は高いし、本体ごと修理に出すので録画ができなくなってしまいます。でも普通のパソコン用ドライブを使っているので、壊れたら新しいドライブを買って簡単に自分で交換できます。

ソフトの反応が速く、操作が楽

BDレコーダーの操作ってリモコンでやるので、反応が遅かったり、メニューを順に送って選択するの面倒に感じることがあります。でもPC TV Plusはマウスを使うので操作が楽で反応も早いです。

デメリット

CMカットなど番組の編集ができない

番組をそのまま保存するので、CMカットや番組の一部だけ切り出して保存するということができません。まあその反面、編集しないので作業が楽です(笑)。

3倍で録画した番組はBD-Rに6〜7時間分ぐらい保存できるので、我が家では割り切って使っています。

ディスクに書き出す時間が長い

LAN経由でパソコンに1回データを取り込み、それからディスクに書いているので、BDレコーダーの様に数分で保存はできません。でもアプリに表示される推定時間よりは短時間で終わるケースが多い様です。

BD/DVDへの書き出し時間を短縮するコツ

nasneの番組データをパソコンに保存してからディスクに書き込むため、ここのデータ転送速度を十分確保しておきましょう。標準画質で録画した番組を3倍モードで保存すると、エンコードという変換作業で時間がかかってしまうので、変更しない方が早く書き出せます。
nasneからデータを読み出すときに、nasneが再生など他の処理をしない方が早くなります。

  • 外付けBDドライブはUSB3.0で接続する
  • nasneとパソコンは、ギガビット有線LANで接続する
  • 保存時の画質設定は「録画時のモードのまま書き出す」にする
  • 録画中に書き出しをしない
  • 書き出し中はnasneを使わない

ディスクへの書き込みエラーが出る場合は、まずPCへダウンロードしてからディスクに書き込むとエラーが減ることがあります。

まとめ

我が家のBDレコーダーが故障してBDの読み書きができなり、修理するか買い替えるか悩んでいました。

でもその時にはnasneで録画することの方が多かったので、PC TV Plusを購入して使うことでとても便利になりました。

nasneを使い方が広がる、おすすめのアプリです。