nasne(ナスネ)の使い方をやさしく解説 TV番組録画、ビデオ、音楽を楽しむ

2018年6月16日

nasne(ナスネ)ってとても便利なんですが、はじめは何ができるのか良くわからないですよね。

我が家での使い方をもとに、便利に活用する方法を紹介します。

nasne(ナスネ)とは

nasneは「ネットワークレコーダー&メディアストレージ」と説明されているけど、これはいったい何なの?

簡単に言うと、

  • テレビ番組を見る・録画する
  • 音楽や映像などのファイルを保存する
  • テレビや録画した番組、保存した音楽や映像をプレイステーションやスマホなどで視聴する

といった事ができます。

プレイステーション3または4(以下PS3/PS4)との組み合わせで使うのが一番簡単な方法です。

ネットワークレコーダー機能

「ホームネットワークにつながる、テレビ番組の視聴や録画をするもの」と考えればいいですね。

nasne にはリモコンがありません。

テレビにアンテナ線を接続できますが、これを通して録画した番組は見れません。

操作と視聴はホームネットワーク上にあるテレビ・プレイステーションやスマホで行います。

メディアサーバー機能

ネットワーク上にある動画や音楽のコンテンツを保存するもので、nasneは家庭のホームネットワークに接続して使います。

パソコンやPS3/PS4などホームサーバーに接続できる機器でこれらを再生することができます。

nasne(ナスネ)を使える機器

nasneを操作できる機器はいくつかあり、できる事が各々異なります。機器とできる事を下の表にまとめました。

○:できる △:有料アプリを使えばできる ×:できない

テレビ番組 音楽再生 ビデオ再生 写真再生
番組視聴 録画予約 録画番組再生 DVD作成
DLAN対応テレビ※1 × × ×
PS3※2 ×
PS4 ×
スマホ/タブレット  △ ×
パソコン※3  △

※1 DTCP-IP 対応の DLNA クライアント機能があるテレビで再生できますが、Sonyは全ての機器での動作保証はしていません。詳細はこちら

※2 PlayStation3専用地上デジタルレコーダーキット 「torne(トルネ)」があれば有料アプリは不要です。

※3 有料アプリはWindows版のみで、mac OS版はありません。

nasne(ナスネ)の設置方法

nasneには次の線を接続します。

  • ACアダプターと電源コード
  • LANケーブル
  • アンテナケーブル

全て購入時に付属していますがLANケーブルとアンテナケーブルは長さが足らないことがあるので、その場合は別途準備する必要があります。

接続方法の詳細はこちらです。

DLNA対応テレビでnasne(ナスネ)を使う(自宅)

DTCP-IP 対応の DLNA クライアント機能があるテレビで、nasneで録画した番組や保存した音楽、映像ファイルを再生することができます。

テレビからはnasneの設定や録画予約ができないので、後述するスマホ/タブレット用のtorne mobileと組み合わせて使いましょう。

対応テレビの場合には、nasneはこのように見えます。

DLNAテレビでnasneの接続を確認

また、DTCP-IP 対応の DLNA クライアント機能があるBDプレーヤーなどを使ってテレビで見る方法もあります。

プレイステーションでnasne(ナスネ)を使う(自宅)

自宅でPS4またはPS3を使っていれば、nasneを使うのはとても簡単です。

録画番組のDVD作成以外のほぼ全ての機能を使用できると考えていいでしょう。

PS4での使い方

次の2つの無料アプリをインストールします。

  •  torne:このアプリでテレビ番組の視聴・録画に関する全ての機能を使えます。
  • メディアプレーヤー:nasneに保存した音楽や映像ファイルを再生します。

PS3での使い方

PlayStation3専用地上デジタルレコーダーキット 「torne(トルネ)」を使っていればアプリのインストールは不要で、torneの設定画面からnasneを登録すればそのまま使えます。

無いときは有料ですがtorneアプリを購入すれば同様にnasneを使うことができます。

インストールの手順は前述のPS4とほぼ同じです。

メディアサーバーとしては自動的に登録されるので、ホーム画面の音楽・映像・写真メニューからnasneを選択し保存したファイルを再生できます。

但しtorneを起動した状態ではメディアサーバーが認識されないので、torneを終了した後にメディアサーバー検索を行う必要があります。

音楽を楽しむ

PS3とPS4Proは光デジタル出力端子があるので、これを自宅のオーディオシステム(アンプ)に接続して音楽、音声を楽しめます。5.1chサラウンドのシステムであれば、臨場感が広がりますね。ぜひ接続しておきましょう。

※ torneに登録は最大4台までのnasneを登録できます。

スマホ/タブレットでnasne(ナスネ)を使う(自宅&外出先)

スマホ/タブレットに専用アプリをインストールして、nasneを使います。

テレビ番組の操作用とファイルサーバーとして使うためのアプリがあるので、各々用途に合わせて使い分けます。

  • テレビ操作用:torne mobile, Video & TV SideView
  • ファイル操作用:nasne access(Androidのみ)

torne mobile (iOS/Android)

nasne専用のアプリで、PS3/PS4で使うtorneのモバイル版です。

使い方はPS4用とほぼ同じで無料で使えますが、テレビ/録画番組の視聴を行うためには課金が必要です。

課金しなくても1分間だけは視聴できるので、課金する前に視聴に問題がないか必ず試しましょう。

その他の機能は制限なく使えるので、外出先で録画予約するのに必須のアプリです。

スマホで見るnasnemobileの画面

iPhone/iPad用はこちら

Android用はこちら

Video & TV SideView(iOS/Android)

SonyのBRAVIA(ブラビア)やブルーレイ、nasneに対応したリモコン/テレビ番組表アプリです。

無料で使えますが、nasne mobile同様にテレビ/録画番組の視聴を行うためには課金が必要です。

大きな特徴としては、録画番組をスマホ/タブレットにワイヤレス転送して持ち出せることです。外出先で通信環境が悪いところでも安定して視聴できます。

課金しなくても1分間だけは視聴できるので、課金する前に視聴に問題がないか必ず試しましょう。

iPhone/iPad用はこちら

Android用はこちら

nasne access (Android)

スマホから自宅のnasneにアクセスして、nasneに保存したコンテンツや、放送中または録画したテレビ番組を視聴できるアプリです。
スマホ内にある写真などのファイルを自宅のnasne転送することもできます。

Android用しかなく、これも番組を視聴するには課金が必要で、無料版では1分間試すことができます。

Android用はこちら

まとめ

それぞれのアプリを無料で使ってみて、番組の視聴を行う場合は試した結果が良いものを購入して使いましょう。

私はtorne mobileに課金しました。2015年にタイのホテルから自宅のnasneにアクセスして、テレビ番組も録画番組も視聴することができました。

パソコン(PC)でnasne(ナスネ)を使う(自宅)

私がパソコンでの操作でメリットを感じるのは、

  • パソコン内にあるiTuneの音楽や映像をnasneに保存して、リビングのテレビ&5.1chオーディオで簡単に楽しむ
  • 録画番組をDVD/BDに保存できる/テレビを占領されていてもパソコンで視聴できる(有料アプリが必要)

ということです。

nasne HOMEの設定もやりやすいので、是非試してみてください。

PSP/PS Vitaでnasne(ナスネ)を使う(自宅&外出先)

PS3+torne を使っている場合は次のことができます。

  • PS3のリモートプレイでtorneを操作して視聴する
  • PSP内のメモリースティックに番組を書き出して視聴できる。

PS4ではPSPへの書き出しはできません。

PS VITAに書きだす場合は、「uke-torne」という無償の専用ソフトが必要です。

nasneを操作するためにPSP/PS VITAを買うという選択肢はなく、これらを持っている場合に使ってみるか という程度と考えましょう。

 

まとめ

nasneを最大限楽しむには、

  • 自宅ではPS4+torneで操作し、できればPS4 Proの光デジタル出力をオーディオにつないで良い音で聴く
  • パソコンで音楽・映像コンテンツをnasneに保存してPS4で再生できるようにする
  • スマホに「torne mobile」をいれて、自宅/外出先を問わず録画予約できるようにする
  • 外出先での視聴をするには、スマホアプリを無料で試して、気に入ったものを購入する
  • 「nasne access」をスマホにいれて、外出先で自分のコンテンツを楽しむ

といったことがポイントですね。みんなでnasneを楽しみましょう。