【nasne(ナスネ)】元祖Sony製と新Buffalo製を比較!使い勝手が向上してるね

2021年4月4日

スポンサーリンク

新BUFFALO製nasneで変わったこと

2021年3月に新しいnasneがBUFFALOから発売されました。
・内蔵ストレージ容量は2TB
・外付けストレージ最大容量は6TB
・EXT HDD端子とLAN端子の位置が上下逆
・B-CASカードはminiタイプ
・PS3/PS Vita/PS Vita TV用のtorneには非対応
・Video & TV SideView には非対応
詳しくはこちら⇒元祖Sony製と新Buffalo製のnasneを比較

ようやく全貌が見えてきたBuffalo製の新nasne(ナスネ)。
元祖Sony製に対して大幅に使い勝手が向上している様で、発売が楽しみですね!
Buffalo製の新nasne(ナスネ)どうなっているか調べてみます。

元祖Sony製と新Buffalo製の主要相違点

・ストレージ容量が増えた!
・外付けストレージのフォーマットが変わった!
・冷却ファンが付いた!
・torne mobileの画質が向上!

というのが、大きな変化点です。

新Buffalo製元祖Sony製
型式NS-N100CUHJ-15004
内蔵ストレージ容量2TB1TB
外付けストレージ最大6TB
ポータブルHDD/SDD対応
XFSフォーマット
最大2TB
FAT32フォーマット
冷却ファン静音ファンファンレス
「Torne mobile」画質HD画質 720pSD画質 480p

ストレージ容量は最大8TB

新Buffalo製元祖Sony製
内蔵ストレージ容量2TB1TB
外付けストレージ容量最大6TB最大2TB
合計最大8TB最大3TB

内蔵ストレージの容量は、2倍になって2TB
外付けストレージの最大容量は、3倍になって6TB
ということで、最大ストレージ容量は8TB(約2.7倍)です!

XFSフォーマット?

外付けストレージは「XFSフォーマット」・・・
って何?

調べてみると、UNIXで20年位前から使われてるフォーマットで、BuffaloのNASでも使われています。

元祖nasneは「FAT32」だったので、自分のパソコンで外付けHDDをフォーマットしましたが、
新nasneはパソコンで出来ないから、新nasne自身に外付けストレージをフォーマットする機能があるのかな?

nasneでフォーマットできるのは便利です!

冷却ファンは付いて欲しくなかった

内部の電気部品がたくさん仕事をすると、熱くなって動けなくなっちゃう・・・
のを防ぐために、(一般的には)冷却ファンを使います。

ファンが回ると、音がうるさいんですよね。
寝室に置いた新nasneが深夜番組を録画するときは要注意かも。

対応できないアプリ(ソフトウェア)

BAFFALO製nasneに対応しないアプリは、webサイトの情報では以下になります。
・Video & TV SideView
・PS3/PS Vita/PS Vita TV版のtorne

「nasne Access」については公式発表がないので、別途確認してみます。

PS5版torne(トルネ)は2021年末

Buffalo製の新nasneは、
・PS4版torne(トルネ)
・tone mobile(iOS/Android)
PC TV Plus(2021年3月24日のVer.4.6以降)
で利用できます。

未対応なのは、
・Video & TV SideView
PS3版torne
PS Vita版torne
・BRAVIAからの録画予約/録画番組の再生

PS5版torneは、2021年末に配信予定です。

まとめ:使い勝手が向上した新nasneに期待!

録画できる時間が増えて、外付けHDDの増設が簡単になったBuffalo製の新nasne(ナスネ)。

使い勝手が向上していて、発売が楽しみです!