ソーダストリーム(sodastream)の炭酸って本当に500ml約18円なのか?検証してみた

スポンサーリンク

「ペットボトルごみが減る」という宣伝文句に魅かれて、ソーダストリームを購入しました。

炭酸水500mlあたり約18円ということで、安くもなりますよね。

でも何で500ml約18円なのかの説明が見当たらないので、検証してみました。
結果は、交換用ガスシリンダーの費用だけで計算しているみたいで、本体価格の分は考慮されていない様です。

でも、スピリット スターターキットで1年間毎日500ml飲んだら、500mlあたり
普通の炭酸:約58円
強炭酸:約67円
と炭酸水を買うより安くなる計算です。

炭酸500ml約18円の理由を推測

500ml(0.5L)=18円
とすると、
1リットル=36円(18円÷0.5L)

ガスシリンダーの容量である60Lあたりの金額にすると、
60リットル=2,160円(36円x60L)
です。

ガスシリンダー(新規購入用)60Lが3,703円(税込)
ガスシリンダー(交換用) 60L2,160円(税込)

ということで、交換用ガスシリンダーと同じ金額になりました!

でもこの計算だと、交換用ガスシリンダー以外の価格が含まれていません
実際には、
①ソーダストリーム本体価格の分
②ガスシリンダー(新規購入用)は高い
③強炭酸を作るので1本で60L作れない
④たまに作るの失敗しちゃうよ〜!
といったことが含まれないので、実際にかかる金額を計算してみます。

ソーダストリームで作る炭酸の実際の価格を計算してみる

毎日500mlの炭酸水を飲んで、1年間だといくらになるか計算してみます。

初期費用などの前提条件

【ソーダストリーム本体】
初期費用はソーダストリーム本体です。
本体は私が購入した、スピリット スターターキットとします。
ガスシリンダーが1本ついて、15,400円。

【ガスシリンダー】
1本目は本体に付属しているので無料。
2本目は予備として新規(3,703円)
3本目以降は交換用(2,160円)
とします。

【ガス消費量】
炭酸の濃さでプッシュする回数が変わります。
通常の炭酸:2回プッシュ
強炭酸:3回プッシュ
として、強炭酸の場合はガスシリンダー1本で40Lの炭酸水が作れるとします

炭酸水を毎日500ml飲む場合の金額

毎日500mlの炭酸水を毎日飲むと、
1年間で飲む量は約183リットル(0.5L x 365日)

このときのガスシリンダーの消費量は、
普通の炭酸(183L÷60L)
 約3本:0円+3,703円+2,160円=5,863円
強炭酸(183L÷40L)
 約4.5本:0円+3,703円+2,160円x2.5=9,103円
です。

【普通の炭酸の場合】
初期費用:15,400円
ガスシリンダー:5,863円
計:21,263円(183Lの価格)
500mlの価格=約58円(21,263円÷183L÷2)

【強炭酸の場合】
初期費用:15,400円
ガスシリンダー:9,103円
計:24,503円(183Lの価格)
500mlの価格=約67円(24,503円÷183L÷2)

まとめ:毎日飲むなら1年くらいで買うより安くなる

私が購入したスピリット スターターキットだと、1年間毎日使えば炭酸水を買うより安くなりそうです。
ウィルキンソン500mlは1本80円くらいしますからね。

毎日ハイボールを飲む人には、ソーダストリームはオススメです。