FMアンテナを自作する 付属アンテナより感度が向上

12年ぐらい使っていたオーディオアンプが壊れてしまったので、新しいのに買い替えたところFM/AMチューナーが付いていました。
久しぶりに家でFMラジオを聴いてみると、ちょっとノイズが多い・・・

付属のアンテナは線1本のタイプです。テレビがアナログ放送のころは、FMもテレビアンテナに接続すれはそれなりの受信状態を得られたのですが、デジタル放送の今はそういうわけにいきません。

これじゃだめだとFMアンテナを自作してみたところ、結果は少し感度が改善されてS/Nが上がりました。

自作するFMアンテナの形

色々調べてみると、簡単なのは一辺89cmの四角形にワイヤを張って、それを同軸ケーブルでチューナーにつなぐみたい。手持ちの材料で作れそうです。
こんな形になります。

自作アンテナの形

FMアンテナの材料

四角形に張る部分は、電気工事士の勉強したときに買った2芯VVFケーブルを2mで切って、外側のビニルシースを外し黒と白の線を使います。

VVFケーブル

2芯VVFケーブルの中の線

同軸ケーブルは、nasneに付属していたアンテナ線を使います。

nasneに付属の同軸ケーブル

四角いアンテナ部を作る

白と黒のワイヤを接続します。ちょっとサボってVVFケーブル接続用のコネクタを使っちゃいましたが、これによる感度への影響はわかりません。ほんとはきちんとはんだ付けするのが良いのだろうと思います。

自作FMアンテナの接合部

一辺89cmになる様に折り曲げて、同軸ケーブルを接続する部分を適当な長さにして、収縮チューブを付けておきます。

同軸ケーブルを接続する部分

同軸ケーブルを切って剥く

同軸ケーブルの線を切って、アンテナにはんだ付けするための準備をします。
外側の網線をまとめて捩り、芯線を剥いておきます。

真ん中の線、かなり細い・・・

同軸ケーブルを切って線を剥く

アンテナと同軸ケーブルを接続する。

アンテナ部の線の被覆を剥いて同軸ケーブルとはんだ付けした後、収縮チューブをかぶせてドライヤーで温め収縮させます。その後、絶縁テープを巻いて、断線しない様に固定しておきました。

収縮チューブが収縮した状態

段ボールプラスチックにテープで貼って形を作り完成です。

FMアンテナが完成

とりあえず壁に付けて、アンプに接続します。

FMアンテナを壁tに付ける

自作FMアンテナの受信状態の確認

我が家で受信できる局の受信状態を確認した結果が以下です。
○:ノイズ無し 大・中・小:ノイズのレベル

ラジオ局 付属アンテナ 自作アンテナ
FM東京 (80.0MHz)
J-WAVE (81.3MHz)
NHK FM (81.3MHz)
FM横浜 (84.7MHz)
TBS (90.5MHz)
文化放送 (91.6MHz)
日本放送 (93.0MHz)

受信レベルを数値化できないのですが、聞いた感じでは全体的に感度は上がました。

まとめ

手持ちの材料を使ってFMアンテナを自作したところ、アンプに付属しているアンテナを使うよりは受信状態が向上しました。

今の状態では、

  • J-WAVE、FM東京、ワイドFMにまだノイズが入る
  • 見た目が良くない

ので、もうちょっと改善したいところです。

屋外にアンテナを付けるとか、もうちょっとやり方を考えてみようかな・・・

AV機器, DIY

Posted by Hiro