ソラチカカードの家族会員はお得? 比べてみた結果は・・・

2020年2月28日

自分のソラチカカードが届いたので、妻用のソラチカカードを家族カードにするかどうか考えてみました。妻用を準備する理由は勿論、二人でマイルを貯めた方が多く貯まるからですね。

関連記事:ANA陸マイラー必須のソラチカカード 定期券がとても便利

ソラチカカード

家族カードって何のためにある?

一般的な家族カードは、本会員と生計を同一にする配偶者・両親・高校生を除く18歳以上の子供が申し込むことができる本会員カードに付随したカードで、引き落とし口座やカード種類は本会員と同じになります。ソラチカカードの家族カードも同様です。

ANA家族カードの詳細はこちら

クレジットカード(本会員カード)を申し込むと年収等の信用に基づき審査が行われるので、収入のない専業主婦や学生は審査に通りにくいです。一方、家族カードは本会員の信用によって発行されるので、この様な収入の無い方も持つことができます。

ソラチカ 本会員と家族会員の比較

ANAとTo Me Cardの公式サイトを調べて、ざっくりと本会員と家族会員を比較してみました。

 本会員  家族会員
 年会費(税込)  2160円  1080円
 搭乗マイル  自分に貯まる 自分に貯まる
クレジット支払いマイル 自分に貯まる 本会員に貯まる
 入会ボーナスマイル  1000マイル 無し
継続ボーナスマイル 1000マイル 無し
メトロポイントをマイルへ移行 月1回 20,000ポイントまで できない

なんと、家族会員だとメトロポイントをANAマイルに移行させることができません!!

【東京メトロFAQ】メトロTo Me CARDの家族会員がメトロポイントを利用することはできますか?

メトロポイントの使い方 – メトロポイントをANAのマイルに移行する – ソラチカカード – 詳しい説明を見る に本会員しか申し込みできないと書いてあります

ANA入会・継続マイルの詳細はこちら

結論(まとめ)

家族会員ではソラチカルートが使えないことがわかりました。

これではソラチカカードを持つ意味がありませんので、妻用カードは本会員の申し込みをすることにします。

審査に落ちたら・・・その時考えます!?