*** 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています ***

簡単夜ごはん「ごま豆乳鍋」

2020年12月30日

スポンサーリンク

妻が「毎日ごはん作るのが大変!」とぼやき始めたので、家族円満の生活を維持するために土曜日の夕飯は自分で作ることにしました。

そこで選んだメニューはお鍋。
材料切るだけでほぼ作れちゃうし、晩酌のおつまみになるのでGood!

リピートで作るための備忘録です。

今週作ったのは、「ごま豆乳鍋」
ミツカンのwebサイトを参考に作りました。

ごま豆乳鍋

ごま豆乳鍋の材料と作り方(4〜5人分)

ミツカンのwebサイトで作り方を動画で紹介していたので、これを参考に作りました。

材料

【具の材料】
豚ロース肉薄切り200g:一口大に切る
白菜1/4個:ザク切り
長ねぎ2本:斜め切り
豆苗:1袋
にんじん1本:半月切り
えのきだけ1パック:石づきを落として分ける
絹ごし豆腐1丁:一口大に切る
油揚げ4枚:油抜きをして4等分に切る
切り餅3個

【鍋つゆ】
ごま豆乳鍋つゆストレート750g(ミツカン)1袋

ポイント!

油揚げは油抜きをしてから切ります。

作り方

  1. 鍋に「ごま豆乳鍋つゆストレート」をよくふってから入れて火にかける。
  2. 沸騰したら中火にして、白菜、にんじん、長ねぎ、えのきだけを入れて、火を通す。
  3. 肉、豆腐、油揚げ、切り餅を入れる。
  4. 十分火が通ったら、豆苗を載せて軽く火を通す
ポイント!

材料を入れた後は、蓋をせずに加熱します。
ミツカンでは野菜の青臭さを飛ばすために、蓋をせずに作っているそうです。

まとめ:味変とカルボナーラも楽しめる

あっさりとしてコクのある、やさしい味のお鍋が出来上がりました!
動画では「ラー油」を加えた味変が紹介されていますが、麻辣香油も美味しいです。

残ったスープでカルボナーラを作る予定でしたが、子供が全部食べちゃってスープが残らず・・
次回のお楽しみです。