Sonyの4K BDレコーダーにSeeQVault(シーキューボルト)対応HDDを増設

2020年11月22日

スポンサーリンク

新BUFFALO製nasneで変わったこと

2021年3月に新しいnasneがBUFFALOから発売されました。
・内蔵ストレージ容量は2TB
・外付けストレージ最大容量は6TB
・EXT HDD端子とLAN端子の位置が上下逆
・B-CASカードはminiタイプ
・PS3/PS Vita/PS Vita TV用のtorneには非対応
・Video & TV SideView には非対応
詳しくはこちら⇒元祖Sony製と新Buffalo製のnasneを比較

先日購入したSonyの4K BDレコーダー(BDZ-FBW2000)。

とっても快適なので沢山録画していたら、かなりのスピードで残量が減少!
ということでHDDを増設しました。

普通のHDDにするか迷いましたが、使ったのはBUFFALO製のSeeQVault(シーキューボルト)対応4TB

SeeQVault(シーキューボルト)の特徴、メリット・デメリットとHDD増設の方法を紹介します。

SeeQVault(シーキューボルト)の特徴とメリット・デメリット

SeeQVaultTM(シーキューボルト)は、身近になったHD映像を楽しむために、パナソニック、サムスン、ソニー、東芝の4社が開発した【高い再生互換性】と【強固なセキュリティ】を同時に実現する新たなコンテンツ保護技術です。

引用:SeeQVault(シーキューボルト)公式サイト

アナログ放送から地上デジタル放送に代わって、映像データが「デジタル」になりました。
「アナログ」のときはコピーするたびに映像が劣化しましたが、「デジタル」は何度コピーしても映像が綺麗なので、違法コピーを防止するために【強固なセキュリティ】が必要なんですね。

なので、外付けHDD/SDカードに録画した番組は録画したテレビ/レコーダーだけで再生できる様になっていました。

でもこれだと不便だよね!ということで、

外付けHDD/SDカードに録画した番組他のテレビやレコーダーでも再生できる様にした新しい著作権保護技術が「SeeQVault」です。

SeeQVault(シーキューボルト)のメリット

SeeQVault対応のHDD/SDに録画番組を保存すると、録画した機器以外でも再生が可能になります。
もっと詳しく知りたい方は、このSeeQVault公式の解説映像をご覧くださいね。

SeeQVault(シーキューボルト)のデメリット

デメリットというよりは条件があるという感じです。

  1. HDD等の記録メディアと、テレビやレコーダーなどの受信・再生機器の両方がSeeQVault対応でなければならない
  2. 他メーカー間の互換性が保証されていない。
  3. BS4K/110度CS4K放送番組は直接録画できない
  4. HEVC形式のタイトルをコピーやムーブできない

No.3/4は、私が使っているレコーダーの取説に記載されている事なので。もしかしたら機器が違うとできるかもしれません。

HDDとレコーダーを接続する

私が所有しているSonyの4K BDレコーダーBDZ-FBW2000にSeeQVault対応HDDを接続・登録する方法を解説します。

SeeQVault(シーキューボルト)対応HDDの準備

接続するのはSonyで接続検証済みのSeeQVault対応HDD「HDV-SQ4.0U3/VC(BUFFALO)」です。
Amazonで購入しました。

HDD容量は、所有のレコーダーに接続できる最大の4TBにします。

HDDの開封と付属品を確認

HDDには接続に必要なものは全て同梱されています。

  • ハードディスク本体
  • ACアダプター
  • USBケーブル
  • 仕様・詳細情報(紙)
  • テレビやレコーダーで使用するには(紙)

の5つです。

HDDの付属品

レコーダーにUSBケーブルを接続

レコーダーの電源をOFFにして、USBケーブルを背面のUSB端子に接続します。

背面のUSB端子に接続

HDDにUSBケーブルとACケーブルを接続

HDDの背面に、USBケーブルとACアダプターを接続します。

HDDの背面にUSBケーブルとACアダプターを接続

HDDを置いた後にACアダプターを100Vコンセントに接続します。

レコーダーにHDDを登録する

HDDを登録する手順です。

  1. レコーダーの電源をONにすると、HDDを登録するか聞いてくるので「登録する」を選択。
  2. 「本体設定」ー「外付けUSB HDD設定」を選択
  3. 「USB HDD登録」を選択
  4. 初期化が必要と表示されるので、「初期化して登録」を選択
  5. 登録が完了するとHDDの名前を変更するか聞いてくるので好みで対応
SeeQVault対応HDDとして登録された
SeeQVault対応HDDとして登録された
後面HDDとして認識されている
後面USBとして認識されました
登録されるとLEDは緑点灯
登録されるとHDD前面右下のLEDが緑点灯になる

torne(トルネ)PS4版での見え方

torne(トルネ)PS4版ではレコーダー本体とは別で「外付け」として認識されました。

torne画面では「レコ1」の右に「外付け」と表示

録画予約するときも「外付けHDD」と別になっています。

録画予約するときも「外付けHDD」と別になっている

まとめ

無事にレコーダーにSeeQVault対応HDDを増設できました。
HDDをレコーダーに接続して、レコーダーで初期化および登録すればOKです。

SeeQVault対応HDDは、SeeQVault対応の別のレコーダー/テレビや、パソコンソフトでも録画した番組を再生できるのがメリットです。