Google Fitの心拍数を自動で記録するのにXiaomi Miスマートバンド4を使ってみた

スポンサーリンク

既に体重はRENPHOの体組成計を使って Google Fit に自動で記録しています。
関連記事:Google Fitの体重を自動で記録するのにRENPHOの体重体組成計を使ってみた

でもGoogle Fit を使ってると、体重以外に
・睡眠時間
・心拍数
も管理できるので、これらも自動で入力したくなりますね(笑)。

睡眠時間は手動でも入力できますが、どうやら心拍数は心拍数センサー付きデバイス(スマートウォッチなど)がないと入力できないみたい。

Google Fit ヘルプで紹介されているスマートウォッチは数万円するのが多いので、他にないか調べたところシャオミ(Xiaomi)のスマートブレスレットがGoogle Fitに連携できそうなので、購入して使ってみました。

Xiaomi Miスマートバンド4
心拍数だけでなく睡眠時間も計測して、Google Fit と連携することができました。
※Apple helthとも連携できる模様(筆者未確認です)。

Google Fitの心拍数モニタリング方法

心拍数のモニタリングには、心拍数センサー付きのスマートウォッチが必要です。心拍数センサー付きのスマートウォッチには次のようなものがあります。
・LG Watch Sport
・Huawei Watch 2
・Montblanc Summit
・Fossil Q Control
・Misfit Vapor

Google Fit ヘルプ「心拍数をモニタリングする」

Googleのヘルプには上記のような記載があり、心拍数のモニタリングができるスマートウォッチが紹介されています。
どんなものか調べてみると、立派なスマートウォッチで価格は数万円です。

Xiaomi Miスマートバンド4

健康モニタリング 24時間年中無休の心拍数モニタリングと睡眠追跡

Xiaomi Miスマートバンド4

「Xiaomi Miスマートバンド4」のメーカーwebサイトを見ると、「24時間年中無休の心拍数モニタリングと睡眠追跡」と書かれていて、今回の用途にピッタリです。

メリット

  • 安い:4,000円弱(筆者購入時)
  • 24時間年中無休の心拍数モニタリングと睡眠追跡
  • フルカラー有機ELタッチディスプレイ
  • バッテリーが長持ち
  • 水泳でも使える防水
  • Google Fit、Apple Helthと連携できる(Apple helthは筆者未確認)
デメリット

  • 表示の字が小さい
  • 充電するときは本体をベルトから外す必要がある

同梱品は取説と充電機

梱包状態
納品状態

本体に取説と充電機が付属しています。

Xiaomi Miスマートバンド4の梱包中身
取説と充電機が付属
Xiaomi Miスマートバンド4には取説と充電機が付属
取説と充電用ケーブルが同梱

Mi Fitアプリをインストール

Mi Fit

Mi Fit

Anhui Huami Information Technology Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

Mi Fit アプリをスマホにインストールします。
表示に従ってアカウントの登録や自分の情報を登録すると、スマートバンドとのペアリング、FWアップデートと続きます。

Xiaomi Miスマートバンド4のペアリング
Xiaomi Miスマートバンド4のペアリング
Xiaomi Miスマートバンド4のFWアップデート
Xiaomi Miスマートバンド4のFWアップデート

Google Fitと連携するには、
「プロフィール」→「アカウントを追加」→「Google Fit」→「Google Fitを追加する」→アカウントを選択→アカウントへのアクセスリクエストを許可
と設定していきます。

バッテリーの持ちは優秀

心拍数の計測を30分毎、睡眠アシスタントをONにした状態で8日間使用し、バッテリーは約55%残っています。
2週間は持ちそうな状態でかなり優秀です。

バッテリーは約55%残っている

まとめ

Xiaomi Miスマートバンド4 を使って、心拍数と睡眠時間を自動でGoogle Fitに記録できるようになりました。

家電製品

Posted by Hiro