水耕栽培でペパーミントを育てる プラコップに移し替えその2(5週目)

2020年5月24日

スポンサーリンク

先週、プラコップに少し移し替えたペパーミント。
大きく育った時に安定しない形だったので、もう一度移し替えました。

どんな形が良いか考えて、今回の結論は、

プラコップ+お茶パック+パーライト

という形です。

パーライトを入れたペットボトルにスポンジを入れる

プラコップの準備

プラコップの底に穴をあけます。

プラコップに穴をあける

お茶パックの袋状になっているところを切って、1枚の長方形のシートにします。

お茶パックを切る

プラコップの底の穴を隠すように長方形のお茶パックシートを入れます。
根が長くなたら、シートを突き破って伸びることができます。

プラコップの底の穴を隠すように長方形のお茶パックシートを入れる

パーライトを入れて、芽が出ているスポンジを埋めます。

パーライトを入れたペットボトルにスポンジを入れる

プラコップを肥料の入った水に浸す

100円ショップで売っているA4サイズのプラケースに肥料の入った水を入れ、プラコップを並べます。

プラケースに肥料の入った水を入れてプラコップを並べる

お茶パックシートを伝わったりして、上の方のパーライトも湿った感じになります。

窓際に置いて太陽が差し込んでますが、2〜3日すると葉っぱが全部窓の方を向いてしまいます(笑)
なので、これを防ぐためにLEDライトを併用。
根腐れ防止用にエアストーン+ポンプも付けています。

LEDライトを併用

まとめ

ペパーミントが大きく育っても大丈夫な様に、パーライトを入れたプラコップに移し替えました。
しばらくこの状態で様子見です。

我が家で使ってるLEDライトとエアポンプなどをご紹介しておきます。
※同じLEDライトはもう売ってないので、似たタイプです。

↓ ポンプとエアストーンを接続します ↓

前回の記事:水耕栽培でペパーミントを育てる プラコップに移し替え(4週目)

続きの記事:水耕栽培でペパーミントを育てる なんかイメージと違う(9週目)

水耕栽培

Posted by Hiro