Amazonのプライムマークってどういう意味? なのか調べてみた

2019年8月18日

Amazonでお買い物するときに、最近はほとんどの商品にプライムマークがついていますね。

こんなマークです。

Amazonプライムマーク

なんとなく買い物するときにはプライムマーク付きを選んじゃうのですが、どういう意味なのか?

調べてみて判ったことは、

  • Amazonプライムのマークは、”Amazonプライム配送特典の対象商品”についている。
  • この配送特典は、Amazonプライム会員になった方がお得に使える。

ということでした。

Amazon プライムマークは配送特典の対象商品についている

Amazonプライムのマーク ”Amazonプライムマーク” は”Amazonプライム対象商品” すなわち ”Amazonプライム配送特典の対象商品”を表しています。

「Amazonプライム配送特典」というのは、

  • お急ぎ便(注文確定日から3日以内にお届け)
  • 当日お急ぎ便(注文当日にお届け)
  • お届け日時指定便

といった配送オプションを選ぶことができて、一般会員は有料ですが、Amazonプライム会員Prime Student会員無料です!

注意点としては、

配送特典の対象外の地域があるので、購入するときは必ず「注文確定画面」でAmazonプライムのロゴが表示されるかどうかを確認する必要があります。

Amazonプライムマークは、ほぼ「Amazon」が配送する商品についている

AmazonにはAmazonが販売している商品と、「マーケットプレイス」というAmazon以外の出品者が販売している商品の2種類があります。

同様に「発送」も、Amazonが発送する商品と出品者が発送する商品があり、組み合わせは下表の3パターンですが、

配送料は、

  • Amazonが決めた配送料(下表①②)
  • 出品者が決めた配送料(下表③)

の2種類になっています。

Amazonプライムマークは、①②のAmazonが発送する商品についています。

販売者 Amazon 出品者 出品者
発送者 Amazon Amazon 出品者
配送料 Amazonが決める(プライムマーク有り) 出品者が決める

※最近は③にもプライムマークを付けられるみたいですが、私はその商品は見たことがありません。

Amazonプライム対象商品に配送料を払うならプライム会員になった方がお得

Amazonプライム対象商品の配送料は、

です。

配送オプションも合わせて配送料を比べると下表になります。

配送オプション 一般会員 プライム会員
通常配送 注文金額2,000円以上 無料 無料
注文金額2,000円未満 400円〜440円
お急ぎ便 500円〜540円
当日お急ぎ便 600円〜640円
お届け日時指定便 500円〜640円

これを見ると、配送料を払うんだったらAmazonプライムの無料体験 に申し込んでから注文して配送料を無料にした方がいいですよね。

プライム会費が有料になる前に解約すれば、プライム会費は無料です。

Amazonプライムの月額プラン(500円/月)でも、通常配送を除くと1か月の会費は配送料と同じか安いです。

プライム会員になっている間に、無料でプライムビデオを観たりプライムリーディングで本を読んだりもできることを考えると、十分に元は取れちゃいます。

【公式】Amazonプライムの無料体験はこちら

まとめ

Amazonプライムのマーク”Amazonプライムマーク”は、”Amazonプライム配送特典の対象商品”についています。

一般会員だと配送オプションが有料で、配送料を払うのは勿体ないのでAmazonプライム会員になった方がお得ですね。

注文するときの配送料を無料にして、ついでにプライム会員特典のビデオや本、musicを楽しめます。

【公式】Amazonプライムの無料体験はこちら

Amazon

Posted by Hiro