山崎うすづくりタンブラーの目盛りって役に立つの?美味しいハイボールの配分にする方法

家飲みハイボール用に、サントリーの「山崎うすづくりタンブラー」を購入。

このタンブラーの背面にはウイスキー量の目盛りがあるので、美味しいハイボールの配分”ウイスキー1:ソーダ3〜4”にする方法を確認してみました。

測ってみるとグラスに半分ちょっと氷を入れた状態で、下の目盛りが30ml、上が45ml。

氷をタンブラーに半分ちょっと入れて、

  • ウイスキーは下の目盛りまで(30ml)
  • ソーダを普通にいれる

にすると、ほぼ美味しいハイボールの配分になりました。

でも底の氷の入り方で変わってしまので、ちゃんと測って入れた方が良さそうです。

 山崎うすづくりタンブラーの特徴

サントリーを代表するウイスキー「山崎」の名が付いた「山崎うすづくりタンブラー」。
ハイボール用のタンブラーとして販売されています。

薄くて軽いということで、厚さは飲み口が1.3mm、底が5mmとなっています。

このタンブラーの背面には、ハイボールを作るときに入れるウイスキー量の目盛りがあるので、簡単に好みの濃さでハイボールを作れそうです。

タンブラー背面の目盛りは氷を入れて30mlと45ml

タンブラーの背面にある2つの目盛り。
上は「SUNTORY WISKY」、下は「SINCE 1923」の文字です。

ここまでウイスキーを入れると、何mlなの?

ということで、麦茶を入れて測ってみたら氷ありで文字の下まで約30mlと45mlと、普通のメジャーカップで測る量と同じでした。
この時の底の氷は1個。
もし底に氷が2個入ったらかわってしまいますね。

目盛り30ml

目盛り45ml

 

普通にソーダを入れると美味しいハイボールの配分になった

ウイスキーの量は測れるけど、ソーダの分量はどうする?

好みにもよりますが一般的に美味しいハイボールを作る時の配分は、ウイスキー1に対してソーダを3〜4ですね。
ウイスキー30ml/45mlでこの配分にした時の分量は下表になります。

ウイスキー 1:3 1:4
ソーダ ソーダ
30ml 90ml 120ml 120ml 150ml
45ml 135ml 180ml 180ml 225ml

このタンブラーの容量は約340mlですが、氷を入れるとハイボールが入る量はもっと少なります。
氷をグラス半分ちょっと入れて確認してみると、普通に入れた感じで120ml〜150mlで、165ml入れるとちょっと入れ過ぎって感じ。

ウイスキー30ml(下の目盛り)で普通にソーダを入れるくらいが1:3〜4でちょうど良さそうです。

山崎タンブラーに入る量

まとめ

サントリーの「山崎うすづくりタンブラー」。

氷を入れた状態で下の目盛りまでウイスキーを入れると30ml、上の目盛りは45mlでした。

氷をタンブラーに半分ちょっと入れたら、

  • ウイスキーは下の目盛りまで(30ml)
  • ソーダを普通に入れる

これで”ウイスキー1:ソーダ3〜4”の美味しいハイボールの配分になります。

でも

  • 氷の入り方でウイスキーの量は変わる
  • ソーダ量の差が微妙

なので、こだわる時はウイスキーもソーダも分量を測って入れる必要がありそうですw

お酒

Posted by Hiro