iPhone6の発売日はいつ? まだ使えるの? っていうのを調べてみた

2014年9月19日に発売された iPhone6/6plus

残念ながら iOS13 には対応されませんでした。

じゃあ、iPhone6/6plus はもう使えないの?

というと、そういうわけではありません。

でもウィルスに感染しない様にするなど注意が必要なので、サブスマホとして使うのが良さそうです。

新しいiOSが対応しないのでウィルスとバグに注意が必要

iPhone6/6plusで使える最新のiOSは、2019年9月26日にリリースされた iOS12.4.2 です。

iOS13がリリースされたので、iOS12はもう更新されません。

要するに、今後新たに発見されたウィルスやバグには対応/修正がされないので、

  • 新しいウィルスに注意して
  • アプリで不具合が出ても我慢するしかない

という使い方になります。

iPhone6は2021年頃まではAppe Storeで修理できそう

2019年10月4日時点、iPhone6/6plus は Apple Storeで修理できます。

iPhone SE/5s/5cも修理できるので、iPhone6/6plusは2021年頃までは修理サポートされると思われます。

でも、壊れた時に修理するか買い替えるか・・・

もう買い替えたほうがいいかな〜

【公式】Appleの修理サービス

iPhone6はサブのスマホとして使う

じゃあ、iPhone6/6plusはどう使うのが良いの?

結論としてはメインのスマホとしてではなく、サブとして使うのがおすすめです。

【ウィルスに感染しない様にする】

主なウィルスの感染経路は、

  • webサイト
  • メール
  • アプリ

ですね。

webサイト見たり、メールを見るのはやめましょう。

ウィルスが仕込まれたwebサイトが、検索結果に出てくることもありますから。

Apple Storeのアプリはウィルスチェックがされているので比較的安心ですが、それ以外のアプリはインストールしない様に。

【アプリで不具合が出ても我慢するしかない】

これは、使ってみて様子見るしかないですね。

まとめ

iPhone6/6plus はiOS13以降に対応しなくなりました。

もう使えなくなったというわけではありませんが、

  • 新しいウィルスへの対応
  • バグの修正

というのが無くなります。

なので、そういうのに注意すれば使えます。

壊れた時は、まだAppleで修理もしてくれます。

我が家では「ポケモンGO専用」のサブスマホになりましたが、プレイ中に頻繁に落ちてしまいますw

もう壊れたら諦めます。

iPhoneが何年位使えるが検証した結果は別記事で紹介していますので、興味があればどうぞ。

関連記事:iPhoneは何年使える? 本体とiOSの関係を調べて予測すると5年位は使えそう