パスケースに電磁波干渉防止シートとアルミホイルをいれてカードキーを使う

パスケースにPASMOと家のカードキー(Edy)を入れて使っているのですが、先日ここにDカードを追加したら家のカードキーが反応しなくなって都度取り出してタッチすることに。

いちいち面倒なのでAmazonでICカードセパレーターを調べてみると、レビューの評価が二分してる?!

とりあえずアルミホイルを間にはさんで見たけどダメ・・・試しにこの電磁波干渉防止シートと一緒に使ってみたら反応する様になりました。

非接触型ICカードとFeliCa

最近は当たり前のように使われている非接触型ICカード。タッチするだけで支払いができるのでとても便利ですね。

Suica や PASMO(関東在住です!)といった交通系ICカードや、Edy・nanacoなどの電子マネーには、Sonyが開発したFeliCaという技術が使われています。

これらのカードを重ねてタッチすると、カードリーダーが正しく読み取れないことがあるので、パスケースに2枚入れて自動改札を通る時のエラー防止に、この様なICカードセパレーターというのがあります。

でもレビューを見ると評価が二分していて★5と★1が同じくらいですね。

パスケースに非接触型ICカードを3枚いれる

私のパスケースには、非接触型ICカード3枚(Edy、Dカード、PASMO)とTカードの計4枚を下表の並びで入れています。

コンビニで使うカードとして、通勤途中のファミマ用のTカード、会社にあるローソン用のDカード(ローソンで3%OFF)と自販機で使うPASMO、ポケットにパスケースを入れておくと普段は現金いらずです。

★Edy(カードキー)
Tカード
★Dカード
★PASMO

Dカードをパスケースに追加した後も、PASMOは問題なく使えています。駅の自動改札も自動販売機も大丈夫です!カードリーダーの差なのでしょうか? 家のカードキーとしてEdyを使うときだけ反応しません。

アルミホイルを1枚、時刻表に挟んでEdyとTカードの間に入れてみたけどダメでした。

アルミホイルを時刻表に挟む

※PASMOはソラチカカードを使っています。

関連記事:ANA陸マイラー必須のソラチカカード 定期券がとても便利

電磁波干渉防止シートをいれる

電磁波干渉防止シート

この電磁波干渉防止シートの用途は、非接触型ICカードスマホの間に入れて電磁波干渉を防止し、読み取りエラーを防ぐとなっています。

大きさはおよそ85mm x54mmでクレジットカードとほぼ同じ、厚さ0.3mmとなっていますが100円ショップで買ったノギスで測ると0.5mm位です。

100円ショップのノギスで測ると0.5mm

これをパスケースのEdyの裏に入れてみたところ・・・カードキーが機能しました!

★Edy(カードキー)
電磁波干渉防止シート
アルミホイル
Tカード
★Dカード
★PASMO

ポイントはアルミホイルTカードの厚みの分だけEdyとDカードが離れていることの様で、この並びだとパスケースから出して束ねてもカードキーが使えます。

試しに、

  • アルミホイルを無くす
  • TカードとDカードの位置を入れ変える

と反応せずにダメです。

まとめ

スマホ用の電磁波干渉防止シートとアルミホイルの併用で、自宅のカードキーをパスケースから出さなくても使えるようになりました。

結果的には

  • アルミホイルとの併用
  • EdyとDカード間の距離をTカードの厚み分だけ離した

ことが成功のポイントです。

自分でよく理屈がわかっていないので、今回はたまたま上手くいったんだと思います。

カードリーダーの性能にもよるので、色々試してみないとどうなるかわかりませんね。